はじめてのFX投資トップ

FX初心者にわかりやすく解説

FX(外国為替証拠金取引)を初心者の方にもわかりやすいように、やさしく解説しているサイトです。「初歩」「基本」「実践」と3ステップに分かれているので、自分のペースに合わせて覚えることができる構成になっています。ぜひこのサイトでFXを学びましょう!

「FXの初歩」メニューとさわり

FX(外国為替証拠金取引)とは
FX(外国為替証拠金取引)とは何か?ということについて説明します。何事もまずはその対象を知ることが大事です。FXが何かということをわかっているとしても、もう一度おさらいのつもりでサラッと読んでみてください。

市場と取引単位
FXの市場や取引単位など、その特徴についてカンタンに説明します。外国為替市場は世界各国で取引されており、マーケットは24時間あいています。そのため、FXも基本的に24時間取引が可能です。たとえば日中忙しいサラリーマンの方でも、夜帰宅してから取引をはじめることができるのです。

通貨ペアとは
FXには「通貨ペア」と呼ばれるものがあります。FXではこの通貨ペアを売ったり買ったりして取引をします。通貨ペアとはいったい何なのでしょうか。

取引手数料とスプレッド
FXの手数料には「取引手数料(売買手数料)」と「スプレッド」の2つがあります。意外に感じるかもしれませんが、投資においてコストはとても大事です。手数料そのものが利益を圧迫する原因になるし、トレードの際の利益確定や損切りの意思決定にも影響をあたえます。

「FXの基本」メニューとさわり

FXにおける2つの利益
FXをする目的として「利益を得たい」ということが第一にあげられると思います。ほかに外貨両替の手段としてFXを使ったり、外貨預金のかわりに使ったりということも可能ですが、基本的には売買益を狙うのが目的でしょう。ここでは、FXにおける2つの利益について説明します。

レバレッジとロスカット
FXには「レバレッジ」という仕組みがあります。レバレッジとは、少ない資金で大きな金額の取引をおこなえる仕組みです。たとえば資金10万円で100万円の取引をすることも、FXでは可能です。

FXのリスク
投資や資産運用というものにはリスクがつきものです。とうぜん、FX(外国為替証拠金取引)にもリスクがあります。リスクというと漠然と「危険」と思ってしまいがちですが、投資におけるリスクは危険という意味ではありません。「不確実性」「期待リターンの変動幅」です。

FX会社比較のポイントと口座開設の手順
FXをはじめるには、FX会社の口座開設が必要です。ここでは会社選びで重要なポイントと口座開設の手順を説明します。説明を読まずに早く口座開設したいという場合は「オススメのFX会社」で上から好きなものを選んでください。オススメのFX会社しか紹介していないのでどれでも大丈夫です。

「FXの実践」メニューとさわり

投資スタイルと売買手法
FXの投資スタイルには「為替差益狙い」「スワップ金利狙い」の2つがあり、さらに為替差益狙いには売買手法(トレード手法)別に「スキャルピング」「デイトレ」「スイングトレード」「ポジショントレード」などがあります。

高金利通貨でスワップ金利狙いの投資
FX(外国為替証拠金取引)では短期売買などによる為替差益を狙うほかに「スワップ金利(スワップポイント)」の受取りによって利益をあげることもできます。為替変動リスクを小さく抑えながら高金利通貨でスワップ金利を得るためのコツを紹介します。

税金と経費
FXで利益がでた場合、その金額に対して20%の税金がかかります。FXでは「申告分離課税」といって、他の所得とは切り離してFX単体だけの利益で税金が計算されるので、とてもわかりやすい仕組みだと思います。

FXと外貨預金の比較
FXを外貨預金の代替手段として使うこともできます。というよりも、FXは危険だというイメージを持たれがちですが、外貨預金よりも有利な部分が多いように思います。ここではFXと外貨預金を手数料や金利(スワップポイント)などの点で比較します。

このページのトップへ

トップページ | FXの初歩 | FXの基本 | FXの実践 | リンク集 | 運営者情報